レツゴー新入生

勉強大嫌いの現役高校3年生=受験生から、何とか女子大生へ昇格。
ダメっぷりを余すことなく発揮した日常の記録です。
現在春休み。4月から2年に進学・・・できるはず?
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * * - * - *
映画三昧:2
オズの魔法使 特別版
オズの魔法使 特別版
ジュディ・ガーランド
とにかくかわいい!! 世界観も、物語も、そして何よりジュディが! まさしく「童話」という感じで、1930年代によこぞここまでど驚きました。マンチキンズとか、すごいと思う。あとカラー映画だということもまた。
ジュディの歌う「Over The Rainbow」がとても上手だったので、吹き替えかと思ったらご本人だそうで・・・というかあの時点で16,7歳・・・すごいな、ハリウッド、いろんな意味で。調べていく過程で彼女の人生を知って、悲しくなりました。

フェーム 特別版
フェーム 特別版
アイリーン・キャラ
・・・正直よくわからなかった。表題にもなっている「Fame」は知っているし、かっこいい曲。ダンスはかっこいいし、序盤の食堂でもドンちゃん騒ぎとか大好きだった。でも後半になるにつれ、「何だかな」になってくる。うーん・・・舞台版の方が評判いいみたいです。

コーラスライン
コーラスライン
マイケル・ダグラス
典型的なブックミュージカル。ストーリーに大きな起伏はなく、要はキャラクター重視。とはいえ、これでも演劇系の学問専攻している身としては、アイタタタなお話でした。
とはいえダンスが最高にクール! 作中で「曲は2の次」みたいなことを言われてましたが、本当にそんな感じ。こんなコーラスラインがあってたまるか!と思わずにはいられないレベル。個人的にあのボブフォッシーのご息女がいられたことにびっくり。今は何してるんだろう。
「One」はたぶん、誰でも知ってるナンバーだと思います。私は「Dance 10 Looks 3」(タイトル曖昧)がおすすめ。女の子としては、ちょっと共感するなぁ(笑)

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
ジョン・キャメロン・ミッチェル
「キワモノ」系ミュージカル。確かに・・・すごいです。言ってることはえげつないし、ロック(グラムかな?)だから正直やかましい(苦笑)
でも「Origin of Love」はすごく詩的で、思わず「素敵」と呟いちゃうくらいの名曲。ヘドウィグ(主人公)自身の生き方が、ある意味ですごく「詩的」なのかもしれない。理解に苦しむけど、ニュアンスでは伝わってくる、そんな感じ。私は結構好きだなぁ。
映画&ドラマ * 00:28 * comments(0) * trackbacks(0) *
One Night Only
映画「ドリームガールズ」観てきました! とってもおもしろかった!
観る前に聞いていた評判が、「あまり日本人向けではない」ということで、その辺りちょっと覚悟していきましたが、とても楽しめました。モータウンサウンドとても素敵。なんだろう・・・どの役者さんにも歌唱力はもちろんあるんだけど、あの今じゃほとんど見られないような、ポップでキュート、何よりレトロな踊りがすごくかわいい! あと衣装も!
ビヨンセ、アカデミー賞受賞のジェニファーハドソンはもちろん、脇のエディマーフィの歌がとても上手なことにちょっと驚きました。今までそういうイメージがあまりなかったので、かな。
ストーリーは・・・せつない話ですね。恋愛要素も多少はありますが、概ねそういうことじゃない。以前何かで、「夢はかなえた瞬間から現実になる」と聞きましたが、まさにそれだなぁと思いました。現実でどこまで踏ん張れるか、勝負です。
よく言う「本当に好きなことは職にしない方がいい」というのがちょっとわかった気がする。就活する時参考にしよう(笑)
映画&ドラマ * 23:02 * comments(0) * trackbacks(0) *
映画三昧
春休みで、特にやることもないので、最近はちょこちょこ映画を観てます。テレビでいろいろやってる。衛星劇場が意外とラインナップ豊富で、楽しんでます。

2001年宇宙の旅
2001年宇宙の旅
キア・デュリア
言わずと知れた。「やっぱり観とかなきゃ!」みたいな精神で観たのですが、難しくてなぁ・・・結局明確に何をしているか解ったシーンなんて、全体の4割くらいかもしれない。
ただこれに影響されて、アトムなんかが生まれたのかなとは思いました。よく解らないけど、なんとなく。
「コンピューターはじめての反乱」といわれているけど、今じゃ普通ですよね。ウィンドウズの「不正なプログラムが〜終了します」なんて完全に反乱ですってば、ちっきしょう(笑)

カサブランカ 特別版
カサブランカ 特別版
ハンフリー・ボガート
言わずと知れた。全部のシーンが名シーン。白黒映画なのに、画面がとてもきれい。というかイングリッド・バーグマンが本当に美人。
「時の過ぎ行くままに」だったり、「明日のことは〜」や「キミの瞳に乾杯」など、名台詞がたくさん残されている映画なんですね。ドキドキした。
典型的な三角関係なので、どっちを選ぶのかなぁとかちょっときゅんきゅんしながら見守っていました。戦争映画にありがちな、悲壮さはそんなに感じなかった。たとえば10年後に、あの3人はそれぞれあのカサブランカでの出来事をどう振り返るんだろうなぁ。

スリーパーズ
スリーパーズ
ブラッド・ピット
ブラピ目当てで観たようなものなのですが・・・深かった。
レビューなどを見て、実話かそうじゃないかが曖昧なところに衝撃を受けました。確かにありそうだよなぁとは思います。悲しいけど、そういうイメージってある。犯罪を犯した子どもを矯正させるはずの施設が、より歪めてしまうのならばシャレになりませんよね。
ラストシーン、4人とひとりがテーブルを囲んで大きく笑いながらご飯を食べるシーン。すごくあたたかいのに、悲しかった。原作にも興味があります。

アンタッチャブル(通常版)
アンタッチャブル(通常版)
ケビン・コスナー
半実話かな? 個人的にアントニオ・バンデラスの若さにびっくりした!笑
正直、「すげー」のひと言です。テレビ放映版だったのでカットが多く、あまり感情移入する間もなくみんな死んでしまって・・・ただ、原則が多数決である民主主義の社会で、多数が傍目からすれば「悪」と呼ばれる側についた時、世界は狂ってしまうのだと思いました。デモクラシーの恐ろしさを感じた。
映画&ドラマ * 15:18 * comments(0) * trackbacks(1) *
歴史を知るには
もう1ヶ月前になりますが、新春スペシャルドラマ(?)「白虎隊」を観ました。
大昔に別バージョン(これかな?)をお母さんに見せてもらったんですけど、こっちの方が印象深いってこともあり、ドラマの内容は、典型的なアイドル時代劇。感想なんて「ハッハーン」といったもんなのですが、それでも観ていて思ったのが、「こいつら全員、頭おかしい」 誤解を恐れずずばっといえば、これにつきます。
唯一“マトモ”だったのが、義三郎の母上じゃなかろうか。あとみんなおかしいよ。口を開けば「死ぬ」だの言うし、子どもに「死んでこい」言うし。
時代って怖いと思いました。多少の脚色はあるにせよ、60年前までは、あのスタイルが普通だったのでしょう? 江戸城のひとのために死ねっていうのが。怖い。戦争とかよりもずっと、そういう思想の方がよっぽど私は怖い。
映画&ドラマ * 15:47 * comments(0) * trackbacks(0) *
Let them eat cake
しばらく前のことですが、映画「マリーアントワネット」を観てきたよ。
すごく期待して行っただけに、なんだかすごく微妙だった。何が描きたいか私にはわからなかったし、山場もなければ「おぉ!」ってなるオチもない・・・なんだかなぁっていう感想がすごく表にでてくる感じです。
衣装は全部かわいかったし、女の子としても憧れる。絵としてなら見ていてすごく楽しかった。「マカロン大好きなんだなー」って思ったし(笑)
だけとストーリーが何とも・・・あとベルサイユロケもそこまで活かされていないように思いました。
私はこっちの方が断然好きな「ベルサイユ」です(笑)
ベルサイユのばら(5冊セット)
ベルサイユのばら(5冊セット)
池田 理代子
映画&ドラマ * 15:37 * comments(0) * trackbacks(0) *
ハッピーニューイヤー?
なんて言いつつ、特にハッピーなこともなく(笑)

予定通り、早起きして(何せ9時からの回だ!)大奥観に行ってきたので、簡単に感想書いてみたいと思います。
要は徳川7代目将軍治世の「絵島生島事件」を題材にした映画。今までの(ドラマ)の大奥のような調子であり・・・うぅん、どうなんだろう? 生島新五郎は外部の者だから、微妙に違うのかな? 大奥オールスターズは集合していたけども!(何それ)
とにかく映画版にふさわしい、映像美がそこにありました。着物着物着物!! 江戸の城下や城は、まぁいつも通りよくみる時代劇にプラス1といったものだけど、着物着物着物!(しつこい)
あとあまり言われてないけども、私は音楽もよかったと思います。いいシーンでいいものだしてくるし、テレビと共通のメインテーマは聞くと、反射的に盛り上がります。せつないシーンのメロディは、ちょっとしたお気に入りじゃ!(大奥口調)
そして出演役者さんが豪華らしいですねー。他人事っぽいのは、かつら被って着物着られちゃうと解らなくなっちゃうんで。エンドロールではじめて「うわぁでてたんだ!」ということもしばしば(笑)
そしてストーリー。単純に言ってしまえば、「絵島の初恋物語」 ただそこに、陰謀やら思惑やらがうぞうぞ蠢いているのが大奥! とてもファンタジーにはなれませぬ。
絵島の葛藤や何かは、見ていて唸りたくなる。生島新五郎の小粋な江戸の歌舞伎役者っぷりは、ちょっときゅんとした(笑)
泣きはしないけど、どこかせつなくはなりました。結構好きな作品だけど、歯切れと後味はよくないかも。「え、それだけ!?」と言うこともあったので・・・
あと役が多すぎた感は否めない。予告で強調するくらい、そりゃもうたくさんの女優さんがひしめき合ってでておりますが、本筋に絡むのは・・・って感じ。2時間の映画には、ちょっともったいなかったんじゃないかなぁ?

以下ネタバレ。
続きを読む >>
映画&ドラマ * 23:54 * comments(0) * trackbacks(0) *
Oh! Oku
観ました。深田恭子版。今やってる映画のプロローグみたいなお話だそうで・・・あ、映画観にいくかもしれないよ! 元旦に!(すっげぇ年明け 笑)
今までいくつか観てきたけど、色がいくらか違うなぁと思った。内山リナ版は、完全に女vs女の愛憎劇だったけど、今回は「色恋と一般常識(?)の中で惑う女とその友だち」みたいな構図。
大奥の制度はいやだねーとか、恋と友情と使命の狭間とか、今までに比べるといくらか淡白だよね。最終的に「時代がそうさせたのね・・・」とあきらめるしかないような。あと野望持ってギラギラしてるひととかいないのが新鮮というか・・・柳沢が懐かしいぜ!(微妙)
おしのちゃんは、あれはあれで幸せだったと思うな。やりたいことやって、結局死んじゃっただけだもん。同情の余地はないよ。ちょっと運がなかったなぁとは思うけど; 弥七さんはちょっと卑屈っぽくてパスですけども(苦笑)
おまんちゃんが最後は側室になったのかな? その辺が気になる。武家の娘らしく、難しいこと考えてなさそうな子だったなーと、微妙に失礼な印象持ってます(すいませ・・・!)
映画&ドラマ * 23:11 * comments(0) * trackbacks(0) *
6と8の間
今更ながら、この間テレビでやってた映画のナナを観た。
がっかりした(率直に)
続きを読む >>
映画&ドラマ * 21:50 * comments(0) * trackbacks(0) *
やつの名はエリック
20061224_261309.jpg
劇団四季の、オペラ座の怪人観に行ってきました。
ストーリーは本で読んでるし、映画も観てるからあえて新しい何かを思ったりはしなかった。「ファントムは子どもみたいな恋愛をするなぁ」くらいのことは考えたけど。ただひたすらに「ほしいほしい」ってごねる恋愛。「ほしいから与える」愛し方。ラウルもラウルで結構直情的だけど、ファントムよりは考えてるし大人だよね(笑)
うーん…にしたって日本語ミュージカルはちょっとまぬけ(^^;) 歌も上手なんだけど…やっぱ生まれたままの言語が1番なんだね(苦笑)

会場が汐留だったから、夕飯は足をちょっと延ばして月島でお好み焼き&もんじゃ。やっぱり本場は!…って言いたかったけど、焼くのに失敗して微妙だった;
映画&ドラマ * 15:27 * comments(0) * trackbacks(0) *
それでも私は彼が好き
リバティーン
リバティーン
ジョニー・デップ
DVDきたから観た!!
感想・・・難しいなぁ。まさしく“リバティーン(放蕩者)”って感じ。パイレーツ〜からジョニデを知ったひとが観たら、軽く卒倒しそうな内容だったよ。私はスリーピー〜からで、「ジョニデ帰ってきた!」と苦笑いしたけど。確か15禁だったかな? ここのところチャーリーなんかのファミリー向けが多かったから、ちょいびっくり。
時は中世と近世の間のイングランド。ロチェスター伯は金も才能も、綺麗な妻も持っている。ただし書く詩や演劇のシュミはちょっとヒワイ。国王に追放されたり赦されたりと、忙しいといえば忙しい日々を過ごす。そんな彼が恋をした。相手は大根女優のエリザベス。彼はリジーを育て上げようとするけども・・・?! 愛と酒と才能に溺れた悲劇の伯爵一代記!

盛り上げて書いてみると、こんな感じのあらすじ(笑)
なんだろうなぁ・・・私にはロチェスター伯は、「愛に飢えてる」というよりは「退屈に怯えてる」ように見えた。時代がちょっとずれるけど、マリー・アントワネット的な雰囲気。何かしていなきちゃ気がすまない感じ。才能あるが故の苦悩? 私に言わせれば贅沢な悩みなんだけど、それは体験してみないと解らないんだろうなぁ。
どんどんと崩壊してゆく彼自身、周囲の様子は圧巻です。思わず目を覆いたくなるような特殊メイクや、えげつない背景。綺麗なジョニデを観ていたいなら、あんまりオススメできない映画だね(苦笑)
表面上はよく解らない映画だったけど、よくよく考えたら深みにはまりそう。だからそれは避けたいな。私は“放蕩者”にはなれなそう。
映画&ドラマ * 22:14 * comments(0) * trackbacks(0) *
<<new | 1 / 5pages | old>>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
Search this site.
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
大奥サウンドトラック (仮)
大奥サウンドトラック (仮) (JUGEMレビュー »)
サントラ
ちょっとほしいのですよ(笑)
RECOMMEND
プロデューサーズ コレクターズ・エディション
プロデューサーズ コレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)
ネイサン・レイン
面白いらしい(その1)見たい!
RECOMMEND
RECOMMEND
リバティーン
リバティーン (JUGEMレビュー »)

買った見た! 久々のブラックジョニー?
RECOMMEND
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション (JUGEMレビュー »)
ジョニー・デップ
買った見てない!(笑) 待っててジャック・・・!(泣)
RECOMMEND
ファンタスティポ (完全初回限定盤) (CD+DVD)
ファンタスティポ (完全初回限定盤) (CD+DVD) (JUGEMレビュー »)
トラジ・ハイジ, 久保田洋司, CHOKKAKU
ここまで「キモかわいい」という褒め言葉が似合うふたり組は他にいないよ・・・!(真顔)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS